看護部理念

  1. 三慶会の理念に基づき、社会の変動・医療の進歩に対応した質の高い看護を提供します。
  2. 地域住民に選ばれる「心のこもった看護・介護」を提供します。

看護部目標

指扇病院

命と心によりそう看護

指扇療養病院

手と目、心と技を使ったケア

看護部長ごあいさつ

患者様に寄り添い 心のこもった看護を提供します

当院は、急性期医療の中核病院としての役割を担い、地域医療の充実と向上に取り組んでいます。
入院から治療、手術を行う急性期。在宅復帰を目指す回復期リハビリテーション。長期的な疾病を抱え在宅や訪問治療を続ける慢性期。
私たちは患者様やご家族が抱える様々な問題や不安に寄り添い、それぞれの健康レベルに合わせた支援を行うことで、地域の皆様がその人らしく安心して生活していただけるよう努めています。
また、専門性の高い知識、技術だけでなく主体性のある人間性豊かな人材育成にも励み、患者様一人ひとりの「命と心によりそう看護」の提供を目指してしていきます。

指扇病院 看護部長 原田 則子

患者様の人格と権利を尊重し、
心のこもった看護を提供します

超高齢社会が進む中、医療療養型病院・介護療養型老人保健施設に求められる役割は大きく変化し、患者さん、ご家族のニーズも多様化しています。
指扇療養病院看護部では、患者様、ご家族の意思を尊重し、「この病院を選んでよかった」と思っていただける質の高い看護・介護を目指しています。
患者様の人生の一部に関わらせていただく仕事ですので、確かな知識・技術・態度を身につけることはもちろん、倫理的課題についても考えられる人材を育成します。
新人教育では、一人ひとりの個性を大切にし、タイムリーで丁寧な指導を心がけ、チーム全体で支援していきます。
患者さんに向き合い、寄り添い、看護師としても人としても共に成長していきましょう。

指扇療養病院/びわの葉 看護部長 白井 光子