X線透視検査

X線透視検査

X線を用いて胃や大腸などを透視し、その様子をTVモニターで観察しながら撮影する検査です。
造影剤などを使用して、食道・胃・大腸といった消化管や脊髄などの透視検査や、各チューブの挿入・交換、神経根ブロック、関節の整復などを行います。

当施設の主な特徴

胃X線検査・注腸検査

胃や大腸の粘膜にバリウムを付着させ、X線にて観察する検査です。

ERCP

総胆管に投資下で内視鏡を挿入し、その先の細い管を使って造影剤を注入して胆管・膵管を撮影する検査です。