看護部ブログ

仕事着でモチベーションアップ

朝からバタバタ慌しく出勤しても、白衣を着ると仕事モード。
普通のおばさんから看護師の私になる。
不思議ですが、着るもので全く心持ちが変わります。
今年は4年間来た白衣から新しい白衣に変わる年です。
リース会社からあがってきた型から選ぶのですが、一人ひとり価値観が違うので、誰かが気に入っても誰かは気に入らない。
なかなか大変でしたが、結局ラインの色を選べる形になりました。
現在試着期間中ですが、夜勤明けで試着をしているスタッフの声が楽しそうに聞こえてきます。

入浴介助の時に着る浴着も、最近新しく購入しました。
ピンクやバーガンディ、ターコイズなど、今までにない色です。
「今日はこれにしようかな」「次はあれを着たいな」とささやかな楽しみがあり、着心地や色が良いという話題で盛り上がっています。
入浴介助は汗だくで大変な仕事ですが、仕事着でモチベーションアップし、患者さんに元気な笑顔を届けられるといいなと思います。

新しい仲間

4月1日、三慶会は41名の新しい仲間を迎えました。
療養病院看護部は、看護職員11名、介護職員3名です。

入職式では緊張していた新人さん達ですが、オリエンテーションが進む中で少しずつ自分らしさを表現し、同期の仲間意識も芽生えているようです。

病棟では2年目看護師から「新人さん、いつ病棟に来るんですか?」「夜勤入りで会えるかな?」という言葉が聞かれ、廊下で新人さんに出会った2年目看護師は、照れくさそうに挨拶し、後輩ができた嬉しい気持ちが溢れていました。
1年前の自分を見ているような気持ちなのでしょうか。

新人オリエンテーション最終日。
最後に皆で円陣を組み、「いくぞー!オー!」と掛け声をかけて解散しました。
「令和」の時代が始まる年。
一人ひとりが新しい風となり、自分らしい花を咲かせていけますように・・・。

新しい時代へ…

200年ぶりの皇位継承…。
特別感のある新年を迎え、わくわくしているのは私だけでしょうか。
急に思い立って、1月2日の皇居の一般参賀にも出かけてきました。
新しい元号に変わることや、GWも10連休になるとか、特別感満載で、時代の変化を感じずにはいられません。
私たちも時代の流れに合わせつつ、大切にするものはぶれずに残し、しなやかに変化していきたいと思います。

写真は、「老人保健施設びわの葉」の職員が作った作品です。
「びわの葉神社」と書かれた絵の前で、おみくじを引くことも出来ます。
利用者さんや面会の方に「お正月らしい楽しみを」と職員の熱い思いが伝わってきます。
ぜひ実物を見に来てください。

職員食堂派!

当院には、1食250円で食べられる職員食堂があります。
病院見学者には「今時250円で食べられないですよね」と宣伝していたのですが、私自身は前日の残り物をつめたお弁当でした。
しかし、今はすっかり食堂派です。
きっかけは、8月に受講した「体内時計に合わせてベスト体重&ベスト体調をつくる食べ方」という研修でした。その中で、昼食は多くの食材を食べられる定食がよいという話があり、「職員食堂に行こう」と考えたのです。

療養病院オープンの日、引越しに関わった各部門の職員と一緒に豚汁を食べて以来、久しぶりの食堂デビューです。多くの職員に「どうしたんですか?」と目を丸くされながら、暖かくおいしい食事をいただいています。
食堂では、自分では絶対買わない食材や、自分では作ったことのないメニューがあり、メインのおかずの他に小鉢も2つ付きます。食材の数はお弁当の時より断然多くなりました。管理栄養士さんが考えてくれたメニューですから、からだにいいこと間違いなし。
ベスト体調を作る目的で食堂派になったのですが、他にもいいことがあります。
普段なかなか会えない職員に会えたり、何気ない世間話で気分転換できたり、ちょっとした楽しみです。
お弁当派、売店派、コンビニ派の人も、時々食堂派になってくれたら嬉しいです。

山歩きでリフレッシュ!

私は毎年、「今年は○○をやろう!」と目標を立てています。
今年は「山歩き」です。
本当は新緑の頃に出かけたかったのですが、公私共に忙しく夏になってしまいました。
私は新潟の山育ちで、自然の中に身をおくことが一番の充電になります。
新鮮な空気と緑の山々、体の隅々から生き返っていく感じがします。
心身ともにフル充電でき、また仕事を頑張ろうと思いました。
時間が許せば、紅葉の時期にも出かけたいです。

院内で出会うスタッフも、海やプールで真っ黒に日焼けしたり、田舎に帰ったり、それぞれに残り少ない夏を楽しんでいるようです。
充電された笑顔が患者さんに届く様子を想像し、更に嬉しくなる私でした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4