看護部ブログ

STRONGER TOGETHER

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)が開幕し、連日熱戦が続いている。
200を超える国・地域と難民選手団の若者たちが、様々な困難に直面し、それでも自分と仲間を信じ、ただオリンピックという舞台を目指して東京に集った。

コロナ禍という人類の試練にあって1年延期となったオリンピック
賛否両論ある中での開催
感染対策のために制限の多いオリンピック

選手たちは、置かれた状況を理解し自分の力を全て出し切ることに集中している。
組織委員会は「安全第一」の決断のもとに、アスリート・チーム役員向けにプレイブックを作成している。そこに書かれている感染対策は、全ての参加者、東京と日本の人々を守るために行われるものだという。
最初のページ「STRONGER TOGETHER(より強く、共に強く)」という言葉。
この言葉に目がとまります。
新型コロナウィルス感染拡大から1年半。
置かれた立場は違っても、今を生きる全ての人たちが多くを我慢し、変化する状況に適応することを求められ、先が見えず自分の目指す方向を見失うこともあったでしょう。
私たちの仕事を振り返ってみると、先が見えない中で患者さん、自分自身と共に働く仲間の安全を守るために今できることを積み重ねてきました。
「過去と同じ看護ができないからよい看護ではない」と自分たちを責めることもあったと思います。
しかし、確かに看護は途切れることなく繋がれています。
その事実を信じ、この困難を乗り越えた先の未来を信じ
仲間と共に前へ・・・。
STRONGER TOGETHER