看護部ブログ

今、私達にできること…。

新型コロナウィルス感染が全国に拡大している中、私達の仕事も大きく影響を受けています。
療養病院の看護は、「手から伝わる温もり」「寄り添う」ことを大切にしてきました。
「人との距離をとること」は、今までと正反対の行動です。
現場のスタッフは、患者さんや同僚と近寄りたい気持ちを抑えながら、「どう寄り添うか、どう繋がるか」新たな仕事の形を探る日々です。

面会制限が続く中で、多くの患者さんは家族と会えない淋しさが募っています。
当院では、6月よりオンライン面会を始めました。
数か月ぶりにお互いの無事を泣いて喜んだり、複数の場所からのグループ参加で3世代が数年ぶりに顔を合わせたり、海外からの予約もあったそうです。

まだまだ続くWithコロナ。
「今、私達にできること」を一つひとつ積み重ねていきたいと思います。