看護部ブログ

離れていても仲間だよ

4月1日、指扇療養病院は看護師7名、介護福祉士1名、看護補助者6名の新しい仲間を迎えました。
今年度は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で合同オリエンテーションは中止。
各病院に分かれて、密閉・密集・密接を避けて行いました。
2週間のオリエンテーションの中では、「人の意見を聴く」「自分の意見を言う」「お互いを知る」という場面が多くあり、日々重ねるごとに一人ひとりが成長しています。

最終日に「離れていても仲間だよ」「それぞれの配属先でお互い頑張ろう」という気持ちを体で表現し、記念撮影。
このブログに載せることにも協力してくれました。ありがとう!
配属先では先輩たちが待っています。
これからの1年は今まで経験したことのない1年になるでしょう。
だからこそ、人として専門職として大きく成長していくはずです。
同期の仲間と支え合い、先輩や上司に支えられながら、ひとつひとつ乗り越えていけますように…。
部長室から応援しています。