病院見学会情報

病院見学会・インターンシップ

詳細はこちら

プチ病院見学会

詳細はこちら

合同説明会

詳細はこちら

プリセプターシップ

指扇病院

プリセプター@ プリセプターとなり初めての新人教育に、正直不安を感じずにはいられません。
「私に務まるだろうか」という思いは今もあります。
しかし先輩看護師と共にプリセプティを支え、手術室看護師として一緒に頑張っていこうという思いを忘れることなく頑張っていけたらと思っています。
プリセプティとの日々の会話を大事にし、気持ちを一番に考え理解し、辛い時は一緒に壁を乗り越え一回りも二回りも大きく、共に成長していけたらと思っています。

プリセプターA 今まで新人さんと関わる際は、部署の先輩という立場で指導や助言などをして関わってきました。
今年は初めてプリセプターとしてプリセプティと密に関わっていくことに、本当に自分がプリセプティの支えになることが出来るのか不安に思うこともあります。
今年1年間、周りのスタッフと協力し合い、支え合いながらプリセプティだけでなく自分自身も成長していきたいと思います。

プリセプティ 4月から看護師となり、あっという間に2か月が経ちました。
配属直後は仕事を覚えられるか、職場に慣れるかなど不安や緊張でいっぱいでした。
そんな時にプリセプターや先輩方が優しく丁寧に教えて下さり出来ることが少しずつ増えてきました。
これからは、患者様が安心して手術が受けられるような手術室看護が提供出来るよう学んだことを一つ一つ身につけて頑張っていきたいと思います。

指扇療養病院

プリセプター 初めての教える立場、戸惑うこともありますが、病棟スタッフに支えてもらいながら、プリセプティの気持ちを理解し、自分が出来ることを日々模索しています。
シャドーイングから受け持ちナースへと、少しずつ本格的な看護業務が始まり、不安なことや分からないことばかりだと思います。
その時その時で一緒に悩み考えながら、信頼関係を築き、相談役としてプリセプティを支えていきたいと思います。
これからの一年、私自身の知識・技術も深めていき、プリセプティと一緒に成長していけたらと思います。

プリセプティ 入職して、約2ヶ月が経ちました。
病棟に配属され、新しい環境に少しずつ慣れてきたと感じています。
しかし、仕事内容についてはまだまだ勉強不足な点が多くあり、自身の知識、技術不足、個別性を捉えることの難しさを日々実感しています。
プリセプターさんをはじめ病棟スタッフの皆さんの指導のもと、看護技術や患者様との関わりについて色々な方法を考えながら日々の看護に活かす努力をしています。
そんな中、慣れない手つきで行ったお顔拭きや排泄介助の際、患者様から「ありがとう」という言葉をいただいたことがとても嬉しかったです。
これからも多くの事を学び患者様1人1人に寄り添った安全で安心できる看護ができるよう頑張って行きたいです。