病院見学会情報

病院見学会・インターンシップ

詳細はこちら

プチ病院見学会

詳細はこちら

合同説明会

詳細はこちら

教育について

スマイル&ハート 心をこめて看護を提供します

スマイル&ハート 心をこめて看護を提供します

確かな知識と技術、豊かな感性を持ち、
自ら考え行動できる看護師を育成します。

三慶会看護部が求める人材

  • 自ら学びチャレンジ精神のあるひと
  • 誰とでも仲良くできるひと
  • 明るく元気で素直なひと

新人教育計画

新人看護師のリアリティショックを最小限にし、職場にスムーズになじめるように、 また、個々の主体性を育み、専門職として成長できるよう組織全体で支援します。

入職時オリエンテーション

  • 三慶会理念・病院理念・求める人材
  • 組織・就業規則・人事考課と目標管理・看護部理念・看護体制・目標・教育体制
  • 医療安全・感染管理・栄養管理・褥瘡予防・災害看護
  • 他職種との関わり(医事課・薬剤部・放射線科・理学療法・ソーシャルワーカー)
  • 看護技術・救急看護・高齢者看護・医療機器の取り扱い(DC・輸液ポンプ人工呼吸器)
  • グループワーク・先輩の体験談
  • きずな研修(カウンセラーによる研修)

学習ハンドブック・チェックリストに沿って個別性にあわせ1年間計画的に行います。
毎月振り返りを実施、次のステップへ目標を立てます。

年間プログラム

指扇病院 指扇療養病院
4月
  • 合同オリエンテーション
  • 新人教育計画の説明
  • 接遇
  • 倫理
  • 技術研修「安全防止技術」
  • 「食事援助」
  • 感染予防技術
  • 「呼吸ケア」
  • 「与薬の技術」
  • 日常生活援助
  • 採血演習
  • 情報管理研修「看護必要度」
  • 「オーダリングシステム」
  • 教育「教育システム」フォロー
  • 合同オリエンテーション
  • 新人教育計画説明
  • 吸引
  • 接遇
  • 採血演習
  • 認定看護師による認知症看護
  • 留置カテーテル挿入と管理
5月
6月 倫理接遇研修
  • フィジカルアセスメント「発熱」
  • エンゼルケア BLS
7月
  • 土日業務に向けてのOJT
  • 合同研修「3ヶ月フォローアップ研修」
麻薬の取扱い
フィジカルアセスメント「嘔吐」
8月 4ヶ月フォローアップ研修
NST研修
輸血の取扱い
フィジカルアセスメント「呼吸困難」
9月 早番・遅番業務OJT
救急看護基礎研修
新人教育@
フィジカルアセスメント「けいれん」
10月 安全対策
救急看護基礎研修
フィジカルアセスメント「意識障害」
11月 実技研修
夜勤業務OJT
新人教育A
12月   新人教育B
1月 感染対策  
2月 10ヶ月フォローアップ研修  
3月 1年目の振り返り
2年目に向けての発表
1年のあゆみ発表会(1年の振り返り)

先輩の声

指扇病院 認定看護管理者 教育副部長

指扇病院
認定看護管理者
教育副部長

指扇病院看護部のビジョンは「一人ひとりが自律的に行動する」ことです。
教育的支援として、クリニカルラダー・マネジメントラダーを設定し、ラダーレベルに沿って継続教育を行っています。スタッフが自律的に行動するためには、個々のレベルに合わせたスキルアップが重要です。さらに管理者のエンパワメントスキルを高めることが、スタッフの意欲向上に繋がると考えています。
もうひとつ重要なことは職員同士の『コミュニケーション』です。私自身も日頃、スタッフとの会話を少しでも多くできるよう心がけています。人間関係を構築することは、組織にとって最も大切なことだと思います。
今後も、さらに魅力的な職場になるよう、サポートしていきたいと考えています。

指扇療養病院 緩和ケア認定看護師

指扇療養病院
緩和ケア認定看護師
副部長

「緩和ケア」と聞くとどのようなイメージをもたれるでしょうか。
多くの人はがん患者への緩和ケアをイメージされることでしょう。
しかし、緩和ケアの対象は身体面や精神面、社会面、スピリチュアルな側面の全人的苦痛を抱えている全ての方が対象です。
超高齢化社会に向かう日本では、非がん患者の緩和ケアやエンド・オブ・ライフケアをどのように実践していくかが問われています。
当院は慢性疾患や障害を持ちながら生活している高齢者、余命が短いと推測される方が入院されています。その為がん患者のみならず、非がん患者の緩和ケアやエンド・オブ・ライフケアをいかに実践していくかが当院の役割と考えます。
様々な生活背景で生きてきた高齢者の全人的な苦痛をどのように捉え、どのような癒しのケアが提供できるのでしょうか。
また、第2の患者といわれる家族の予期悲嘆に対し、どのように関わればよいのでしょうか。
当院看護部の基本方針である「高齢者の人格と権利を尊重し、もてる力を最大限に発揮できる生活の質保証」「その人らしい穏やかな看取りケアの実践」に向かって、手と目・心と技を駆使して緩和ケアを広げていきたいと考えています。

指扇病院 教育担当師長

指扇病院
教育担当師長

新人看護職員、中途者、復職者それぞれの能力に合わせて段階的にスキルアップができるような教育体制を整えています。新人看護職員は一年間で基礎的な看護が習得できるよう、集合オリエンテーションやフォロー研修、そして各部署内での専門的な知識や技術の指導を行っています。また、中途者や復職者には3ヶ月計画を立て、指導担当者と相談しながら進めていくので安心して働くことができます。
一人一人の個性を尊重し、長所を伸ばしながら看護師として必要な感性を磨き、豊かな心の育成を目指しています。そして、教わる側も教える側も、それぞれが自分の目標に向かって成長し続けるようなサポートをしていきます。

指扇療養病院 教育担当師長

指扇療養病院
教育担当師長

指扇療養病院看護部職員は、患者様、ご家族、そして、私たちも満足と思える看護を提供できるよう、日々、熱い思いを持って看護を実践しています。
院内研修は、勤務時間内に開催していますが、子育て中のママ看護師も時間を気にせず勉強できるのは魅力です。
新人教育では基礎的な看護の知識、技術、態度を学べるよう、シミュレータ・トレーニングモデルを使った演習や、グループワークなどを取り入れながら行っています。
先輩看護師が親身になって指導を行うので安心して働くことができます。
当院の理念でもある「教育に力をいれ個人個人の能力向上に努める」という言葉通り、職員が一人ひとり学べる環境を整えています。
私たちと一緒に、患者様の笑顔を引き出せる看護を実践してみませんか?

指扇病院 看護師

指扇病院
病棟看護師

約7年間働いていた病院を退職し、今年2月に指扇病院に就職しました。
看護学校卒業後、決まっていた病院に就職した為初めての就職活動・中途採用ということでとても不安がありました。しかし働いてみると、すんなり受け入れ優しく接してくれるスタッフばかりですぐ馴染む事が出来ました。今までと違う科であり、業務に対する不安もありましたが面談・指導などサポートしていただく事で安心して業務に取り組めています。
毎日行われるショートカンファレンスを通し全員が患者様を把握する事で、個々に合わせた看護が提供できる様意見交換などを行います。病気に対する看護はもちろん、患者様・ご家族に寄り添った看護が行えている事はとても素晴らしい所だと思いました。また、定期的に行われる院内研修・病棟勉強会でその科に合わせた知識を学べる所もいいと思います。
新卒者にもサポート・指導がとても手厚く、新卒・中途共にとっても働きやすい環境・職場だと思います。素敵な仲間と良い所が沢山詰まった素敵な環境で一緒に学び頑張りましょう!

指扇病院 看護師

指扇病院
6階病棟 看護師
(平成27年4月入職)

入職した当初は、不安と緊張でいっぱいでした。
特にコミュニケーションが苦手で積極的になれず、先輩方との報連相が出来ていませんでした。
病院では患者さんが安楽で安全に過ごせるような看護を提供することが必要です。 そのため報連相はとても大切で、スタッフ間での密なコミュニケーションが必要になっていきます。
この1年間はプリセプターと先輩方みなさんに支えられ、積極的に行動できるようになってきたと思います。 指扇病院は明るく優しい先輩方が多く、このような環境で働くことで徐々に報連相が出来るようになりました。
入職から1年が過ぎ、看護技術や患者さんとの関わりで不安に思うこともありますが、笑顔を忘れず安全面を考えながら行動していきたいと思います。

指扇療養病院 看護師

指扇療養病院
4階病棟 看護師
(平成28年4月入職)

入職して1年目は、毎日看護技術を正しい手順・方法でこなすことに精一杯だったように感じます。
私が看護技術を緊張でカチコチになりながら行うのを見て、患者様も緊張されてしまったのではないでしょうか。
2年目は正しく技術を行っていくだけでなく、如何に患者様に苦痛のないケアを行えるのか常に模索し、看護の質を上げていこうと思います。
また4月に新たな入職者が入ってきとことで、私も先輩になりました。
1年先輩として、伝えられることもたくさんあるかと思うので、自信を持って何かを教えられるように常に継続学習に努めていきます。