病院見学会情報

病院見学会・インターンシップ

詳細はこちら

プチ病院見学会

詳細はこちら

合同説明会

詳細はこちら

訪問看護勉強会

研修概要

テーマ
病院から訪問看護に移行するまでの流れについて
日時
9月10日 14:00〜16:00
対象
看護部全職員

訪問看護認定看護師の外部講師をお招きして、訪問看護、看取り、老老介護について学びました。

研修風景

研修を受講して

びわの葉 看護師

核家族化や女性の社会進出、共働きという社会状況の中でどれだけの家庭が在宅での療養や介護を受け入れられるのかという疑問がありました。
在宅での療養や介護は、その人らしく生きる上で望ましい事ですが、とても理想的な事、そしてハードルの高い事と捉えていました。
私は「家に帰る」条件を療養や施設で生活している状態を在宅で継続できる事とイメージしていたと思います。
そうではなく在宅へ移行できる条件を家族と共に本人と十分に検討し、その家庭にあった環境を整え、いつでも治療のための入院や施設利用ができる配慮の中で、在宅での生活が継続できる事を学びました。
療養病棟、びわの葉で生活されている方の中に「家に帰りたい」と願う人も多いかもしれません。その願いを一つ一つ叶えられる看護・介護が出来るよう努力していきたいと思います。

指扇療養病院 東4階病棟 看護師

訪問看護利用者状況や在宅移行までの流れ、事例を興味深く聞かせてもらいました。
医療処置をしているとなかなか在宅に移行するのは難しいと思っていましたが、本人・家族・介護者が在宅医療を望めば原則可能という話があり、点滴やバルーンカテーテルなどを挿入していても在宅で過ごせるということを再認識できました。
患者さんの「家に帰りたい」という言葉を聞いたら、その思いを聴き、家族や他職種と連携し、在宅復帰への支援をしていきたいです。