病院見学会情報

病院見学会・インターンシップ

詳細はこちら

プチ病院見学会

詳細はこちら

合同説明会

詳細はこちら

BLS研修

研修概要

テーマ
一次救命処置
日時
6月21日 13:00〜16:00
対象
指扇療養病院の新入職者

指扇療養病院看護部で、BLS(一次救命処置)の研修が行われました。
受講経験のある職員でも、手順を再確認するための良い機会となっています。

研修風景

研修を受講して

指扇療養病院 東5階病棟 看護師(講師)

指扇療養病院では、慢性期の後期高齢者が多く、看取りのケアが中心となっています。
BLS、ACLSを実施することはほとんどありませんが、いざという時に実施できるように、年3回BLS研修を開催しています。
普段実践しないと忘れてしまうという声も聞かれるので、継続して勉強会を開催する必要があると考えています。

指扇療養病院 東6階病棟 看護師

学生の頃、様々な場面でBLSについて学ぶ機会がありましたが、 正しい方法はと聞かれると記憶が曖昧で、思い返すと、 どうせ使うことはないだろうと思いながら聞いていたように感じます。

しかし私は今、看護師という人の命に携わる専門職に就き、 いつ患者さまやその家族の方が倒れるか分からない環境で働いています。

そのような場面では、方法が分からないとは言えず、自分が指示を出せるようにならないといけないと思いました。
そのためには、自分自身が落ち着き、周囲と声を掛け合い、できるだけ多くの人を呼ぶことが重要になってきます。
これらを守ることで、質の高いCPRが継続して行え、その後の状態に大きく関わると学びました。

今回のBLS研修を受けて、正しい技術を身に着けることができ、すごく勉強になり良かったです。