医療法人三慶会 指扇病院 指扇療養病院|排便機能センター

排便機能センター

直腸肛門機能検査

便失禁の原因を調べる検査で、肛門を締める筋肉(肛門括約筋といいます)の強さや直腸の感覚を調べます。

検査のための食事の制限や下剤の服用、浣腸などは不要です。

検査では、横向きなった状態で直径0.5cm程度のチューブを約6cm肛門内に挿入して肛門内の圧力を測定します。

また、小さな風船を直腸内で膨らませて直腸の感覚を調べます。

違和感はありますが、痛みを感じることは全くありません。

検査の所要時間は約15分です。

肛門内圧測定装置 直腸知覚検査用バルーン

肛門超音波検査

便失禁の原因として、経膣分娩や肛門の手術で肛門括約筋が断裂していることがあります。

この検査は、その断裂の有無や程度を調べる検査です。

検査のための食事の制限や下剤の服用、浣腸などは不要です。

検査では、うつ伏せの状態で直径1.5cm程度の超音波プローブを5cmほど肛門内に挿入し、肛門括約筋を超音波で観察します。

違和感はありますが、痛みを感じることは全くありません。

検査の所要時間は約15分です。

肛門超音波検査装置

大腸通過時間検査

排便回数が少ない便秘の患者さまが対象です。

レントゲンに写る小さな粒が20個入ったカプセル(普通の内服薬のカプセルと同じくらいの大きさです)を内服して頂き、下剤を服用しない状態で5日後にお腹のレントゲンを撮影し、大腸を便が通過する時間を推定する検査です。

大腸通過時間検査

排便造影検査

排便困難や残便感の原因を調べる検査です。

小麦粉とバリウムを混ぜて便の硬さくらいにした造影剤(擬似便と言います)を、検査台に横たわった状態で肛門から直腸に150~300ml注入した後、検査台を立てて便座の上に座ります。

便座に座った状態で日頃の排便時と同じように造影剤を排泄して頂き、それをレントゲンで撮影すると、排便状態に異常があるかどうかが分かります。

検査室は外から見えないようになっていて、実際の排便の様子を目ではなくレントゲンでしか見ていませんから、検査室を大きなトイレと考えて頂ければ良いと思います。
検査のための食事の制限や下剤の服用、浣腸などは不要です。

排便造影検査室

Copyright (c) 2013  Sankeikai. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る

医療法人三慶会 指扇病院

〒331-0074 埼玉県さいたま市西区宝来1295-1
TEL:048-623-1101